便秘の改善には、ビフィズス菌と乳酸菌、両方摂ろう

現代サプリメントの最前線 > 乳酸菌 > 便秘の改善には、ビフィズス菌と乳酸菌、両方摂ろう

便秘の改善には、ビフィズス菌と乳酸菌、両方摂ろう

便秘改善をうたったサプリメントには、「ビフィズス菌」と「乳酸菌」がありますよね。

どちらを選べばよいのか困ったことはありませんか。

結論からいうと、両方選ぶのが理想的です。

まず、便秘に直接的な効果を持っているのは、ビフィズス菌の方です。

ビフィズス菌の主な役割は、腸に運ばれた食物が吸収されやすいように分解することですが、糖分を分解したときに酢酸を生成する性質があるのです。

酢酸は強い酸性を持っており、酸の刺激で腸のぜん動を誘発し、便の排出を助けます。

一方、乳酸菌の役割は、ビフィズス菌の餌になって、菌の数を増やすことです。

ビフィズス菌は腸内細菌のほぼ99%を占めていますが、ストレスや疲労、タンパク質の多い食事など、さまざまな要因で減少してしまうことがわかっています。

乳酸菌を摂ることでビフィズス菌の数を維持したり、活動を活性化させて、食物の消化や排泄をサポートすることができます。

サプリメントを摂る場合は、ビフィズス菌はもともと生物の腸内に棲んでいるものですから、日常的にはサポート役の乳酸菌を中心に摂るとよいと思います。

でも、上記のようにビフィズス菌が減ってしまうこともありますから、ときどきビフィズス菌をサプリメントで補充するとよいでしょう。

ちなみに、「乳酸菌は胃酸で死ぬので効果がない」といわれることがありますが、死骸になってもちゃんとビフィズス菌の餌として機能します。

気にせず摂ってください。

便秘改善 乳酸菌サプリメントランキング


関連記事

  1. 乳酸菌が良いと言われる理由とは
  2. 便秘の改善には、ビフィズス菌と乳酸菌、両方摂ろう